インテリア ガジェット

【DTMerや絵描きにもオススメ】お値段以上の机、ニトリ「プレフェ」を紹介します。

投稿日:

DTMerの積年の悩みである机につきまして、ようやく迷走が一段落しましたのでご報告いたします。

DTMer vs 机 戦いの日々

DTMをする者にとって机の選定は切って切れない戦いなのである。

デスクトップミュージックというくらいですので、机は音楽機材より大事だったり悩みの種だったりします。私もその一人で思い立っては模様替えをし「あーでもないこーでもない」と言いながら机を探していました。実際にDTM専用の机も販売している程で、じゃあそれを買えば良いじゃんって話なのですがいかんせん価格がびっくりなのと、微妙に惜しい!という物が多いんです。石油王では無いので机に掛けられる予算は決められているんです…

今回は某ニトリでシンプルながらも私の要望にマッチした、お値段以上の机を見つけてきましたのでご紹介します。

机に希望する条件

条件と言いましても世の中のDTMerよりハード機材が少なくソフトウェアがメインになっている私は、そこまで多くの条件はありません。

  • Yamaha MO8(88鍵シンセサイザー)を置く
  • モニター2枚を置く
  • モニタースピーカーを置く

置く必要があるのはこの3種類で、マウスやキーボードは別の場所に置きます。
また、モニターとスピーカーに関しては直接机の上に置くわけでは無く、モニターアームとスピーカー台をそれぞれ利用するのでスペースはそれほど必要ありません。

実際必要な机のサイズ

Yamaha MO8 仕様

寸法1,357mm
高さ167mm
奥行き386mm
重量重量21kg

鍵盤のサイズがこちらになりますので、机のサイズはスピーカー台やモニターアームの設置も考えると下記になります。

  • 横 1,400mm(鍵盤の幅分)
  • 奥行き 600mm(鍵盤奥行き+スピーカー台)
  • 高さ 天板下部までが670mm以上(仕様しているキーボード・マウス用机を下に収納する為)
  • 価格が1万円以下

いざ机探しの旅へ出かけよう

家具屋廻りの巻

インターネット通販や地元の家具屋・はたまたホームセンター等、色々な店舗を廻り探していたのですが、奥行き600mmが意外とネックで思ったような物が中々見つかりません。
たまに良いなーと思うものが有っても手の出ない価格であったり、変な棚が作り付けの為候補外になったりしていました。

まさかのニトリにあるやんけ

2時間くらい移動しまくって探していたのですが、「無いやろな~」と思いながら自宅から徒歩圏内のニトリに立ち寄った所…

あるやんけ

(勝手に候補外にしていただけですが)まさかの伏兵があらわれました。

あらためてニトリ「プレフェシリーズ」のご紹介

前置きが長くなりましたが今回オススメするのは、お値段以上ニトリの「プレフェシリーズ」です。
このシリーズは天板と脚を組み合わせて購入する事が出来、様々なバリエーションを揃えております。

実際購入した仕様

天板(プレフェ 140 BK)


天板(プレフェ 140 BK) ニトリ 【送料有料・玄関先迄納品】 【1年保証】

幅1,400mm 奥行き590mmと要望ほぼピッタリのサイズです、奥行きがこれだけ深いのは珍しいですね。
色はホワイト・ブラック・ミドルブラウン・ライトブラウンの4色から選ぶことが出来、私は他に所持するデスクに合わせてブラックを選択しました。

脚2Pセット(プレフェ 69 SI) ×2


脚2Pセット(プレフェ 69 SI) ニトリ 【送料有料・玄関先迄納品】 【1年保証】

長さ690mmとこれまた要望にジャスト、これは単純な棒のタイプですが昇降出来るものやキャスターのついたものを選ぶことも出来ます。

トータル5,990円というおどろきの価格

天板が3,990円、脚が1,000円×2(いずれも税込)で6,000円を切りました。
これならもう一台買い足してL字型に置くというのも良いかもしれません。

開封・組み立て


という事で買ってきました。長辺145cmくらいなので、軽自動車でも後部座席を倒せば積めると思います。また、少し重いので店内で運ぶ際は大きめの台車を使うか店員さんに声を掛けて手伝ってもらうのが良いかもしれません。
組み立てやセッティングは一人でも問題なく可能でした。




天板にはネジ用の穴、脚には接続金具や工具が付属しているので、商品を購入すれば他に何も無くても組み立てが可能です。
また、組み立てにかかる所要時間は20分あればお釣りがくる程度だと思います。


ちなみに製造は中国ですが、もちろん説明書は日本語のきちんとしたものが付属していますので何の問題もありません。

使用感の紹介


天板の厚みは約32mmで思った以上にしっかりしており、上に20kg程のシンセサイザーを置いても不安定になる心配はありません。
塗装は木目を活かした黒色でなんとなく暖かみがあります。DTMだと問題は無いのですが、木目による表面の凹凸がありますので紙で書き物をする際は下敷きが必要となります。

完成形


実際の使用状況ですが、手前に鍵盤を、奥にモニターアームで吊るしたモニターを2台配置。さらに奥のスピーカースタンドは廃材で自作しました。
キーボードとマウスを置いてある台はメタルラックを組み合わせて制作しています。

ピッタリのサイズ感で制作した事でまとまり良くすっきりした印象ですね。

まとめ

コスパ最高のニトリの組み合わせデスク「プレフェ」広々とした作業スペースが必要な方にはピッタリだと思いますのでご検討ください!

sponsored link

-インテリア, ガジェット
-, ,


  1. 紀伊水道西側の陸 より:

    先生!ありがとう!
    まさに欲しかった情報でした!

    自分もMO8なんすけど、今までアイリスオーヤマの140cmのメタルラックで組んでたんです。
    でも机にしたいと思ってネットまさぐってましたら、なんと!
    プレフェのアフィがないのが残念で仕方ありません!

    • mazop より:

      紀伊水道西側の陸さん。

      コメントありがとうございます。
      私もメタルラックで組もうと思っていたところなのですが、どうしても金属より木がよかったので探したかいがありました。
      一応ニトリ公式の楽天アフィリエイトリンク貼っていますが、店舗が近くにあり車があるのなら直接行った方が早いかもしれません/(^o^)\

      お役にたてたようでなによりです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケツが痛くなってきたのでゲーミングチェア「Derax Racer DXR-BKN」を導入しました

みなさまこんにちは。 先日8年ほど使用していたPC用の椅子がぶっこわれました。5,000円程の安物なので逆にこれだけ持ったのに驚いたのですが…ということで、椅子を買い替えることにしました。 このブログ …