釣り 釣り道具

【普段使いにもOK】波止場釣りの靴には日進ゴムのハイパーVソールが良いって話

投稿日:

みなさんこんにちは。
和歌山の漁港の堤防は基本的に大き目のテトラが入っているので、湾内で釣りをする餌釣りの方はまだいいとして外洋方面を狙うルアーマンにとってはなかなかの死活問題です。
私もジギングがメインなので、どうしても外向きで釣ることが多いのですがテトラに乗るのは中々怖いです。

今回はそんな不安を少しでも取り除けるよう、テトラの上でも滑りにくい靴をご紹介します。

日進ゴム HyperV

本来は釣り用の靴ではなく工事現場などの安全靴として制作されたものなのですが、これがかなり良いんです。
ハイパーVソールという日進ゴムさんの特許製品を使用した靴で乾いたテトラだとほぼほぼ確実にキャッチしてくれます。

普段使いに例えると、よく滑るコンビニやスーパーの床もこれを履いているとまったく滑らなくなります。

商品ラインナップ

日進ゴムさんで販売しているHyperVシリーズは基本的に工事現場用の安全靴なので、つま先に鉄の芯が入っています。これは重く動き辛い原因となるので、釣りには不要です。

先芯のないタイプは以下の3タイプ用意されているのでお好きなものをチョイスしてください。

HyperV #003

一般的なスニーカータイプのモデルです。
公式通販では「ブラック・ベージュ・チョコ・グレー」の4色、Amazonではベージュの代わりにホワイトのカラーが用意されています。
なぜカラーリングが違うのかは不明ですが、個人的にはホワイトが一番格好良いかなーとは思います。

Hyper V #1200 屋根プロ

工事現場の中でも屋根職人が使うタイプです。ハイカット+細身なのでコンバースのスニーカーのようなイメージですが実物は見たことが無いので保証はできません。
紐でなくマジックテープなので好みは分かれそうですね。

HyperV #1300 屋根プロⅡ

上記屋根プロのNewモデルです、靴というよりは足袋やサンダルに近そうな見た目ですが夏にはよさそうです。ラフな服装の場合はこれが合いそうな予感。

ハイパーVソールを使った釣り用シューズもあるよ

釣り具メーカーのDAIWAでもハイパーVソールを使用した釣り用シューズが用意されています。
デザインは日進ゴムのものより格好良いのですが、価格が2.5倍くらいします。
(あと私はSHIMANO派なので…)

HyperV #003 ブラックを買いました。


定価は5,000円ですがAmazonですと3,000円~4,000円程で販売されています。

サイズは少し大きめなので、0.5小さいサイズを買うことをお勧めします。私は26.0cmなので25.5cmの物を購入しました。冬場などで厚手の靴下を履く場合は普段そのままのサイズで良いと思います。

デザインについて

見た目はお世辞にも格好良いとは言えませんが、滅茶苦茶ダサいというほどでもない微妙なラインです。靴本体が黒で紐も黒なので例えば赤い紐に変えてあげるとマシになるかもしれません。まぁデザインを求めている訳では無いので問題はないのです。

履き心地はどうなの?

全体的にザ・普通のスニーカーという感じで可もなく不可もなく…という感じ。
スポーツタイプのものに比べると劣りますが、普段街歩きで使うようなスニーカーと同程度の快適さはあります。

重さについて

普通のスニーカーと同じくらいで、ランニングシューズよりは重いですが、歩いていて疲れるということはありません。

通気性について

メッシュ素材なので良く、一度海の中に入りましたが乾くのも早かったです。
まだ夏しか履いていないので不明ですが、逆に冬は寒く感じるかもしれませんね。

クッション性について

クッションの厚みは結構あります、石が多いゴロタ浜を歩いても特に不快な感じはありません。

実際に使用した印象

紀ノ川河口のテトラ帯を歩いてみましたが、スニーカーと比べるとグリップ力が段違いです。ただ全く滑らないという訳ではもちろん無いので、フローティングベストを着用するなど落下・落水には必ず注意が必要です。

また、濡れると効果がほぼ無くなるので雨上がりや波が高く上がる場所、また磯などの苔・藻が生えている場所では使えません。磯に上がる際は釣り用の磯靴を用意してください。

まとめ

海、特にテトラ帯での釣りは危険が伴いますので滑りにくい靴を履いて救命胴衣を着用しましょう。短パン・Tシャツ・クロックスとかいう馬鹿みたいな服装で来られる方もいますが見ていて大変怖いです。

快適で安全な楽しい釣りを心がけましょう。

sponsored link

-釣り, 釣り道具
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした