DTM 音楽機材

【┗(^o^ )┓←| 締め切り |】締切前に徹夜するような意識低いDTMerはStudio Oneを買いましょう

投稿日:

みなさんこんにちは、修羅場してますかー?
いや、夏コミが終わったばかりのこの状況で修羅場しているというのはかなりM気質な感じがするのですが、本日は「締め切りにギリギリにしか本気を出せない意識低い系同人音家」はStudio Oneを買ったほうが良いよというお話です。

Studio Oneを買ったほうが良い理由

巷ではいろいろなDTMブロガーがStudio Oneの良いところをお勧めしています。

  • 付属音源やエフェクトのクオリティが高い。
  • UIが使いやすい
  • 音が良い(プラシーボ効果じゃね?と思いますが)

Cubaseを使っている人に全力でStudio Oneをおすすめしていく。まず、曲を作るのが早くなります

【初心者にもオススメしたいDAW】Studio Oneここがスゴイポイント5つをまとめた

などなど、ちゃんとソフトを使い込んで良い所のレビューを挙げてくれています。まぁ、そんな詳しい情報は有名DTMブロガーにお任せするとして、意識の低い私のおすすめポイントはもっと単純なところにあります。

それは「DDPマスターの書き出しができる」という1点のみです。

DDPマスターで書き出すメリット

CDをプレス際、数年前まではCDマスター入稿といって、できた楽曲をCDへ焼きそれをプレス会社へ入稿するという形だったのですが、ここ数年はDDPというファイルでオンライン入稿ができるようになりました。

DDPでオンライン入稿ができると締め切りが実質2日伸びます。
というのも通常ですとCDマスターを締め切り日までに郵送する必要があるのです。郵送ですとポストや郵便局にトラックが到着するまでに投函する必要がありますし、普通郵便ですときちんと到着したのかどうかがとても不安です。

DDPでオンライン入稿ができると、たとえマスターが仕上がったのが深夜だったとしてもそのままアップロードすれば入稿完了です。つまり時間ギリギリまで作業ができると言うことです。

つまり私はギリギリまで作業する意識低い系の同人音家ということなのですが…

ただ日数が伸びるだけではなく投函・梱包する手間や送料等を考えてもオンライン入稿できたほうが楽ですしね。

DDPマスターを作成した後のチェック方法

Studio OneではDDPマスターを制作することは出来るのですが、なぜかそれを開いて確認する術がありませんので、問題なく制作できているかどうかは別ソフトで確認する必要があります。

HOFA-Plugins DDP Player

ドイツの会社が販売しているソフトで、DDP形式のファイルを再生する事ができます。他の機能は特に無いシンプルさが良いですね。もちろん用途は書き出したものを確認したいだけなので全く問題ありません。

11,90 €(日本円で1,500円前後)で買うことが出来るので、Windowsで確認するのであれば一番お手軽なのではないでしょうか。

出来たDDPマスターに問題は無いの?

ネット上では、Studio OneのDDP書き出しは不安定…などのコメントをたまに見かけますが、自分が使っている限りでは書き出し、上記のDDP Playerで確認できた物は入稿した後に不備を指摘された事はありません。

DDPマスターでオンライン入稿できるCDプレス会社

自分が実際利用した事があり、同人系の制作もしてくれる会社は下記3社となります。

テックトランス

同人系(特にボカロ)ですと一番有名な会社だと思います。
オンライン入稿にもいち早く対応し、なんといっても懐に優しいのがうれしいですね。

ORIGIN

大阪に本社がある会社なので、大阪に住んでいた時にはとてもお世話になりました。ジャケットの特殊印刷や変形サイズにも強くこだわりのあるパッケージで制作したい方にオススメです。

CD-PAC

最近利用させていただき始めた会社で、納期が早いのが大変たすかります。
入稿フォームなどは無くアップローダー+メールでのやりとりになりますが、特に問題はありません。また、電話対応もとても親切で気持ちよく制作ができます。

DDPマスターが制作できる他ソフトとの比較

WindowsですとCubeseのSteinbergが「WaveLab」というソフトを販売しておりますが、実売が6万円ほどです。Studio Oneが45,000円でクロスグレードだと35,000円、マスタリングだけでなく楽曲も制作できるDAWであることを考えるとお買い得ですよね。
もちろんマスタリング専用ソフトなので様々な機能があるのでしょうが、意識低い系DTMerの私としては使いこなせるビジョンが見えません。

まとめ

Studio Oneは同人音屋にとって力強い味方になってくれると思います。DAWそのものを乗り換えるのももちろん良いですが、私のように作曲は他のDAWで、マスタリングをStudio Oneで行うという使い方もアリですよ。
他のDAWを持っている方はクロスグレード版を購入すれば通常版より安くなるので、こちらがオススメです。

それでは、皆様余裕のある入稿をしましょう(暗黒微笑)

sponsored link

-DTM, 音楽機材
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした